2006年05月10日

「絶望に効くクスリ」 山田玲司

昔、山田玲司の「Bバージン」が好きだった。
生物オタクでカメ好きの主人公が、好きな女の子をふりむかせるために、
いろいろ苦悩するストーリー。
ずいぶん前に手放してしまったけど、私も以前より生物好きになったし、
今読んだらもっとおもしろいだろうなぁ。

最近はどうしているのかと思っていたら、こんなん出てた!

絶望に効くクスリ 1―ONE ON ONE (1)

山田玲司が著名人達と対談していくインタビュー漫画ですが、
対談相手がなかなかいいのです。
知らない人も多いけど、肩書きが興味深いものばかり。

■1巻のゲスト
みうらじゅん (漫画家)
秋山竜次+虻川美穂子 (芸人)
栗原すみ子 (占い師)
井上雄彦 (漫画家)
白石康次郎 (海洋冒険家)
七海龍一 (カリスマホスト)
長島一由 (逗子市長)
中村征夫 (水中写真家)
木下デヴィッド (プロサーファー)
関野吉晴 (文化人類学者:グレートジャーニー)※

■2巻のゲスト
忌野清志郎 (バンドマン)
宮藤官九郎 (脚本家・俳優)
坂本洋子 (里親)※
木村雅史 (グリーンピース・ジャパン元事務局長)
田邉亜紀子 (アクセサリー・デザイナー)
花輪壽彦 (北里研究所東洋医学総合研究所)
町田康 (作家・詩人・歌手)
林巧 (小説家)
荒俣宏 (作家・翻訳家・博物学研究家)

■3巻のゲスト
城彰二 (サッカー元日本代表)
五味太郎 (絵本作家)※
さかなクン (魚業界ポップスター&イラストレーター)
加藤登紀子 (歌手)
伊藤嘉明 (日本コカコーラ株式会社元環境経営グループ部長)
玄侑宗久 (禅僧・作家)
畑村洋太郎 (失敗学会会長・東京大学名誉教授)
日高正博 (スマッシュ代表)

■4巻のゲスト
糸井重里 (コピーライター)
岩瀬公一 (文部科学省宇宙開発利用課長)
沖田耕一 (宇宙航空研究開発機構勤務)
今宮純 (モータースポーツ・ジャーナリスト)
小黒一三 (『ソトコト』編集長)
寺門琢己 (整体師)
大西健丞 (ピースウィンズ・ジャパン統括責任者)
哀川翔 (役者)
岸裕司 (秋津コミュニティ顧問)※
水木しげる (漫画家)

■5巻のゲスト
富野由悠季 (アニメーション監督・作詞家・小説家)
西原由記子 (自殺防止センター創設者)
千葉麗子 (チェリーベイブ社長・ヨーガインストラクター)
森毅 (数学者・哲学者)
伊東明 (心理学者・(有)東京心理コンサルティング代表)
渡部陽一 (戦場カメラマン)
辻元清美 (元衆議院議員・NPOコーディネーター)
佐藤琢磨 (F1ドライバー)
重松清 (作家)
押川剛 (コンビンサー・トキワ精神保健事務所代表)※
デービッド・ブル (木版画家)

■6巻のゲスト
河合隼雄(臨床心理学者/文化庁長官)
よしもとばなな(作家)
下村実(海遊館飼育展示部係長)
程一彦(料理研究家)
K DUB SHINE(MC)
てんつくマン(映画監督/路上詩人)※
辻井喬(詩人/作家)
三田智子(チアリーダー)
永田照喜治(永田農法創始者)

※印の対談は、こちらで試し読みができるので、興味のある方はどうぞ。

Mammo.tvで山田玲司本人も見れます。
どちらにも、五味太郎さんが載ってるけど、この人の考え方好きだ!!!

とりあえず1巻を注文してみたので、
おおさんしょううおさん、また貸しますね。
あなたは、絶対読みたいでしょ〜?(笑)
posted by tamu at 22:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 映像・音楽・本など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ。絶薬!私も好きですよ。
単行本は持ってないけど、連載を読んでます。

最近だと、アキコ・カンダの回は良かった。

なんというか、背筋が伸びる感じがしました。
Posted by はまだもとあき at 2006年05月23日 01:14
>はまだもとあきさま
こんばんは〜!
ここ、覗いて下さってるんですね。
ありがとうございます(^^)/
「絶薬」私は連載は読んでいないので、
単行本を買うことにしました。
1巻読んで、おもしろかったので、続きも買うつもりです。
自分の道をつき進んでいる人達ばかりなので、
何だかパワーをもらえるし、
私も後悔しないように、好きなことを、
やっていこうと、改めて思いました。
Posted by tamu at 2006年05月24日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

晩年
Excerpt: 「逆行」「ロマネスク」「陰火」など、巧みな文章と粋な語りで、さすが太宰治、と感服した。しかし、「道化の華」など、小説を書く苦悩を前衛的な手法で描いたものに関しては、いまいちよくわからなかった。 晩年と..
Weblog: あやかのブログ
Tracked: 2007-10-22 23:24